harmony

気弱な人が気弱なまま生き抜くことのできる社会を実現するために、小説を書くさとり世代のブログ

気弱なまま生き抜くためのテロリズム

 

 

 

 

 

そもそもブッダは、苦行を捨てた

 

 

 

 

 苦→救いは、非常に実感が得やすい。

 『苦の先にある、救いの光』を浴びることができる。

 救いの光を浴びた人は、成長をすることができた実感を覚える。

 

 人によっては、誰かに何かを教えようとするとき、昔自分の感じたものと、同じような実感を覚えてもらいたいと思う。

 

 いたずらに苦を積んだところで、上手くいかなければ苦の経験を消化し切れず、言動が擦り切れるばかりだ。

 その有り様を成長の証とするのは短絡的である。

 

 必要以上に他者を追い込むのは、ただの想像力の放棄でしかないのだろう。

 擦り切れてしまっているから、他者を想像する余裕すら消えている。そもそも、自分や他人を擦り切れさせる以外のコミュニケーションを知らない可能性もある。

 

 いや、他者を想像した上での行動かもしれない。

 『苦の先にある、救いの光』を浴びた経験を、他の人にも共有させてあげようとしたのかもしれない。

 他者の立場になって、他者のためを想って――――――苦を積むことを、押しつけたのかもしれない。

 

 他者を想像した上での行動が、毒になりうる。

 この世に存在する、数限りない善意の数々が、どれもこれも、毒になりうる。

 

 毒とは、何だろう。

 毒を、この世から消し去ることはできるだろうか。

 できないとして――――――せめて、、、、、、毒の濃度を下げうるものとして、考えられるものは何だろう。

 

 思想とは、毒かもしれない。

 

 思想が生まれる以前から、人間に在ったもの、それは、本能である。

 本能とは、すなわち、体である。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 ぼくは、誰も傷つけたくなかった。

 素朴に、生きていきかった。

 少数でいいから好きな人たちと、好きなときに、好きなように好きなことを話し合って、笑って生きていきたかった。

 

 自分のスタンスを損なわれると、怒りを覚えて、復讐したくなる。

 では――――――ぼくのスタンスを突き通すことで、周りの異なるスタンスを損なうことになってしまった場合、どうすればいいのだろう。

 

 周りの異なるスタンスの誰かをこちらへ復讐させないように、細心を注意を払いたい。

 なるべく、不用意に、攻撃される危険を自ら招きたくない。

 しかし、我慢をせず、鬱憤を溜めずに、伸びやかに過ごすことができないだろうか。

 

 こういう良いことずくめのウルトラCを、完全に達成することはできないだろうか。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 自分の弱さに寄り添ったまま、この世のあらゆる制圧から解放されたい。

 

 ぼくは、傷つきたくないし、傷つけたくもない。

 『誰も傷つけたくない』と、強く想っている。

 誰も傷つけずに、生きていきたかった・・・・・・・・・。

 

 「傷つけられても、傷つける側に回るくらいなら、自分を損なうものから離れよう。」

 「そして、守った余裕で、他のものを損なわない調和を目指そう。」

 それがいい、きっと。

 

 ぼくの書くことは、誰にも気づかれないよう細心の注意を払いつつ、社会に通じる理念を水面下で変えていくために、ぼくが勝手に行った、安全の保障されていない、ある種の実験の記録である。

 

 これからも、ぼくは、言うこととやれることの一致を目指して、試行錯誤を続けていく。

 

 良ければあなたも、自分の弱さを理解し、意識したまま生きていく方法をぼくに教えてください。