読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harmony

これから小説家になる人が、悟ったことを書いています。

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 最終章 ~欲望への粘り強さ~

数十分後、とあるショッピングモールに着いた。端から端まで歩いて5分以上かかってしまう広さと、あおぎ見るほどの天井。そこに、数十もの店舗が入っているところだ。 ユニクロやGAPをはじめ、UNITED ARROWS、SHIPS、STILL BY HANDをあつかうお店など、ぼく…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ⑥ ~韓氏意拳の副産物~

その日の午後、ライターの学校の授業を受ける予定が入っていたので、会場から電車で移動し、駅から歩いて教室に入った。授業がはじまる。 その後も、ぼくの体に体温がこもっていた。ゆでだこがずっとつづいている状態で、韓氏意拳の余韻は引くどころか、その…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ⑤ ~韓氏意拳の体感覚~

まず先生は、講習生に周りの人と適度に間隔を取るよう指示したあと、こう言った。 「足を肩幅くらいに開いて立って・・・・・・」 講習生は光岡先生の指示を受け、足を各々の幅に開いた。 (のちの 「」 は、すべて光岡先生の言葉である) 「肩の気を肘へ下…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ④ ~殴らないし、蹴らない武術~

韓氏意拳は、へんな武術だ。 武術といえば、大人数で合わせる鋭いかけ声であり、殴ったり蹴る訓練であり、拳を合わせる試合を想像されるだろう。 しかし韓氏意拳は、まず練習で殴らないし、蹴ることもしない。暴力を一切行わない。 また、空手のような試合も…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ③ ~狂気、そして弱さ~

ぼくは怒涛の勢いで、店のなかを歩き回った。 うおおおおおお!!!!! 何かに憑りつかれたように服を見つくろいまくる。成長欲が心を乗っ取った瞬間だった。 買い物をためらる人格の『ぼく』は、心の地表に座り込んで、しくしくと泣きはじめていた。目の前…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ② ~引きこもり、反撃に出るの巻~

これ以上、周りの人間の腹の内にうずまく嘲笑に耐えられない。また、それに対して何もできない自分をぶっ壊してやりたい。 ぼくは一人暮らしを始めるに際して、自分のこれまでの人生をいったんリセットすることに決めた。 今までの自分の生活習慣を全て見直…

欲望に流されやすいイイ人への韓氏意拳 ① ~あなたに必要なのは、本当に「自分に打ち勝つこと」なのか?~

我慢すべきことを、どうしても我慢できない人たち 目の前にお酒があると、たまらず飲んでしまうアルコール依存症の人がいる。 その人は、お酒の飲みすぎで肝臓をこわしながらも、なぜアルコールに手を伸ばしつづけるのだろう。 お酒が好きだから飲むのかもし…