気弱なまま生き抜くためのテロリズム

さとり世代による導火線

発言するということ

 
色々考えるんですけど
 
けっこう辛口な意見も持ってるんですけど
 
いざアウトプットしようと思うと、周りの人への影響を考えてしまったり、
 
「おれの意見・考えなんて、結局は偏見で、意味ないよな」
 
と感じてしまって、発言を躊躇してしまったり
 
意見を文字にしたあとに「うわあ、粗がいっぱいあるなあ」と思ってしまったり・・・
 
今まで投稿した記事の数々も、正直読む人たちから「厨二病だなー」「イタイなー」って思われるんだろうなーと思いつつ、その時その時で勇気を出して、変でつたない考えをさらしてます。
 
まあ、こういうことはあんまり書かないようにしようと思ってたのですが・・・
 
これが、「作品を世に出すということは、腹をくくる、ということであるんですよ」という言葉の意味か、と。
 
Def Techが
「あーだこーだ言われて当然ダルイ批判や噂むしろ光栄
それがフロントマンの宿命いちいち気にしてたら身がもたねー!」
と歌ってますが、
 
たとえ歌だろうと、そう言いきっちゃうの、すごいですね。
 
そもそも僕、周りの人たちに比べて友達すごく少ないですし、この投稿だってそんなに、テレビの視聴者みたいにものすごい多い数の人たちが読んでるわけじゃないので、
まあ、この考えも自意識過剰なのかなと思いますが。
 
僕がいかに世間知らずの『わかってない』子供であるかは、僕以外の人が僕を一目見た瞬間、パッと判断できてしまうのだと思います。
これって、悔しいですね。
 
まあとりあえず・・・
これからも僕は、こんな感じで、妙な投稿をし続けたいと思います。
ぶっちゃけね、僕のように何もしてなかった、何も考えてこなかった人というのは、厨二病を経ない限り、大人にはなれないわけですよ(笑)
僕は早く大人になりたいので、いかにくだらない考えでもそれが今の自分の本心ならば、隠さずになるべくアウトプットさせていただきます。
心の中に何かを宿しながらも、それを出さずに隠してたら、それは消えないし、改善されないんですよ。