harmony

気弱な人が気弱なまま生き抜くことのできる社会を実現するために、小説を書くさとり世代のブログ

☆即興ストーリー コピー・エラー

「君は、やっぱり模倣だったんだ・・・」

 

僕は合点することができた。・・・・・・・・・

 

だって、日本人の大勢がそうであるように、君も、僕も、模倣だろう?

 

だけど、変わらなくちゃいけないんだよ。

なぜなら・・・・・・・笑えてきた。

 

「はっはっはっ」

 

お腹をおさえて僕が笑った。自分の中から出てくる笑いを少し抑圧していた。

 

あれ? 僕のイメージに出てきた、この「笑いを抑圧しながら笑っている人」は、僕だっけ? 君だったかもしれない。

 

コピー。

 

 

異常事態が発生している。

 

 

若干、過呼吸の気配がしつつ、僕は想像力をめぐらせる。

 

だってさぁ・・・人間っていうのは模倣の達人で

 

だけど!!!!! 模倣だけでは生きていけないんだよ!!!!!

 

模倣だけでは、人間は成立しないんだよ!!

 

これじゃ駄目なんだよ!! 生きていけないんだよ

 

これから僕は、いかに自分の感性を主軸にして、歩いていくか。

これにかかっている。

 

 

 

 

 

 

でも、それは皆も同じだよ。

 

自分の軸から、かすってもいない人生なんて、生きる喜びが皆無でしょう?

 

いかにして、自分の意見を常に体に貯えて、芯のある人間になれるか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

君とはまた会いたい。

 

なのに、なぜいなくなったの?