harmony!

嫌いな自分を、嫌いなまま肯定してもらうためのメディアコンテンツ

Mustという概念

「Mustという概念は、人を生き物として不自然にさせるんだ!」

 

と言って、自らに「しなければならない」を強いてくる勢力にいかに対抗していくかどうかを念頭において、日々を過ごしてきたのだが、

 

何というか、最近は『Mustという概念』がかなりどうでもよくなってきた。

 

自他を規制させる系の努力が、かなりメンドくさくなってきた。

 

で、

 

「しようぜ!」「しなければ!」

の努力のぶつかり合いの、切れ目の谷の底に行くと、深い表現っつーもんがあるみたいだぞ。

 

ちょっと、君も行ってみて?